横浜市会に挑戦!こしいしかつ子のオーバルブログ

みなさまのお声をお聞かせください。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -

3月11日

〜 スタッフの投稿 〜

 3月11日金曜日、出先にいた私は初め、いつもと変わらない地震だと思っていました。

ところが、大きく長く続く揺れに不安を感じ、建物の外へと逃げ出しました。

時計を見ると、子供が帰って来る時間。電車に乗っているか、自宅に着いているか、ぎりぎりの時間です。

携帯電話は通じず、少し離れた公衆電話まで走り、自宅へも電話しましたがやはり通じず。

「とにかく早く家に帰らないと!」と焦る気持ちで見たワンセグに映った映像は、地震の影響とみられる火事で煙に包まれたビル。

ますます不安になりながらも、結局、地震の詳しい情報は得られないままでした。


車で自宅へ向かう間、何度も電話をしましたが通じず、そうこうしているうちに同じマンションのかたから、子供がエントランスにいることを知らせてくれるメールを受け取ることができました。

本当にありがたかった!このメールで、どれだけほっとしたことか。


ひとまず安心したところ、車が鎌倉市に入った途端、信号が点いていないのです。

停電!と思っているうち、車は渋滞の中へ。

このままでは自宅に着くのはいつになることか、、、途中で車を降ろしてもらい、走って帰ることにしました。


駅に向かって歩くたくさんの人たちを追い越しながら自宅へ辿り着くと、
玄関に見慣れない杖が。

リビングにはなぜか、子供以外にも祖母や母がいました。まずは顔を見て安心し、あまりの偶然にびっくり。

今までめったにないことだったのですが、母が祖母の病院に付き添いそこで地震にあったので、私の家までなんとか歩いて来たのだそうです。


公衆電話まで出掛けて行った母が、多くのひとが駅に泊まる準備をしていること、コンビニやパン屋さんの商品がなくなっていることを教えてくれました。

あいかわらず電話が繋がらず、情報を得られないまま時間ばかりが過ぎ、母と行き違いで、祖母を探して私を尋ねて叔父が来たのは電気が点いてすぐ。

子供の無事を確認することをお願いできたり、知らせてくださったりと、マンション(地域)のかたや友人にささえられていることを実感し、家族、親戚で助け合えた偶然に感謝した一日となりました。


テレビが映るようになると、想像を絶するような映像ばかり。被害の状況も、時間を追って大きくなるばかり。

地震の、津波の怖さを改めて知り、被害に遭われた方がたを想い、つらく悲しい気持ちになります。

先の見えない不安を抱えながら、それでも頑張っていらしっしゃる方がたに、一日も早く、一人でも多くの笑顔が戻りますように。

スタッフより | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -