横浜市会に挑戦!こしいしかつ子のオーバルブログ

みなさまのお声をお聞かせください。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -

栄区風水害対策訓練の様子、報告します。



20120702_39517.jpg

消防団のみなさんが参集される様子です

20120702_39521.jpg

栄消防署の方々による人命救助訓練です

20120702_39522.jpg

同じく人命救助訓練です


20120702_39518.jpg

消防団と横浜建設業協会栄区会の方々による土のう積訓練です


20120702_39519.jpg

同じく土のう積訓練です

20120702_39520.jpg

この訓練に協力してくれた横浜建設業協会栄区会のみなさま

安心:命を守る | permalink | - | trackbacks(0) | - | -

横浜市消防音楽隊 7月7日に栄公会堂で定期公演!

消防音楽隊定期公演が栄公会堂で開催されます!
減災劇もあり、水準の高い演奏を身近で楽しめるチャンスです。


----------- 以下、横浜市の記者発表ページより

「安全・安心を実感できる防災都市ヨコハマ」の実現のため、市内各所で演奏・演技を通して広報活動行っている横浜市消防音楽隊、今回の定期公演は7月7日、横浜市栄公会堂で開催します。
プログラムは、第1部に7月7日開催にちなんで「たなばた」(作曲:酒井格)や吹奏楽の名曲「イギリス歌謡組曲」(作曲:V.ウィリアムス)などの曲目を、第2部では「トップ・オブ・ザ・ワールド」、「まつり〜お祭りマンボ」などのポピュラー音楽を集めました。そして、大災害に備えて、皆さまのご家庭に準備していただきたい「非常持出品」について、減災劇を通して御紹介します。コンサートのラストは、今年31年目の新たなスタートを切った「ポートエンジェルス119」によるステージドリルをご覧いただきます。

記者発表のページ

定期演奏会のチラシ資料



ここでご紹介した横浜市ウェブサイトの記者発表ページでは、市政に関わる様々な情報を得ることができます。
みなさんも時々ウェブを開いてみてください。

安心:命を守る | permalink | - | trackbacks(0) | - | -

いっとき(一時)避難場所の使い方

発災時にまず避難する場所として「いっとき避難場所」というものが定められています。
「いっとき避難場所」は自宅のすぐ近くにある小さな公園や空き地が、町内の班単位など、ごく小さなグループ毎に指定されています。

向こう三軒両隣というような顔の見える仲で、まずは安否を確認していただくことがこの「いっとき避難場所」の目的です。

この「いっとき避難場所」を、いざ避難生活を送る時には、身近で炊出しなどが出来るような、もっと有効な使い方が出来ないかと、働きかけをしています。
すでに自主的に活動をされている町内もあり、お話を伺って現地を見せていただいてます。


東日本大震災の際には、身近な炊き出しで励まし合いながら避難生活を送られた方々の様子をテレビなどでご覧になった方も多いと思います。関東にいる私たちが勇気をもらいました。

「いっとき避難場所」は場所によって面積も違い、土地の所有者も違うため一律に整えることは困難かもしれません。
しかし、一気に整えることが難しくても、住民の皆さんの本当の安心安全を作っていくために、自主的な活動としての声掛けからはじめ、それを横浜市や国の制度が阻害することのないように、現実の必要に即したルールづくりに取り組みます。

みなさまのご意見をこしいしかつこまでお寄せくださいますよう、お願いします。



安心:命を守る | permalink | - | trackbacks(0) | - | -

第6回 九都県市合同防災訓練・図上訓練

週明け1月16日(月)、横浜市ならびに埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・川崎市・千葉市・ さいたま市・相模原市の九都県市は、合同で防災訓練・図上訓練を実施いたします。

九都県市が同一時系列のもとで、発災から18時間経過後から23時間後までを想定した災害対策本部運営訓練を一斉に行います。
想定する地震の規模はM7.5、震源は相模湾北部、平日日中の設定です。
横浜市の災害対策と、九都県市災害時相互応援協定に基づく九都県市広域防災プラン(震災編)を検証します。

すでに多くの方がご存知かと思いますが、今後30年間におけるマグニチュード7クラスの首都直下地震発生率は70%といわれています。首都機能を担う私たち横浜を始めとする九都県市は、大震災に対して、相互に連携し、十全に備えて行かなければなりません。そのための大訓練です。
市民のみなさまも、ご興味をお寄せくださいませ。

お問合せは、横浜市消防局総務部まで。


各都県市による同時発表(その一部をご紹介)
安心:命を守る | permalink | - | trackbacks(0) | - | -

栄区消防団「優秀賞」お疲れ様でした!

横浜市消防団操法技能訓練会が開催されたことはブログに書かせていただきましたが、 今日は出場された皆様の慰労会が開かれ、私もお邪魔いたしました。

大会には栄区にある4つの分団が順番に代表となって出場、今年は第四分団の番でした。
栄区は優秀な成績の伝統がありますが、今年も見事「優秀賞」に輝きました。

20111209_2.jpg

選手のみなさまが獲得されたメダルを首にかけていただいて
とてもうれしい私の写真です(^^)に


地道な活動の積み重ねの上にあって今日の喜びがあると選手の方々の労を讃えるでありながら、はしゃいでる私でした。申し訳ございません。


常任委員会で消防局、特別委員会も「安心安全都市」の委員をしている私は、防災、災害対策、減災のことがいつも頭と心から離れません。視察にも仙台や岩手に何度か伺いました。
区民のみなさまの安心安全を築くために、必要な知恵と行動力を市役所にみなさまと結集させて歩む道のりに終わりはありません。
これからも皆様方に力を分けていただきながら前進します。
よろしくお願いいたします。

なお、大会当日の模様はとてもわかりやすく横浜市栄区消防団第四分団1班のページにまとめてくださっているので、をご紹介いたします。ぜひご覧ください。



20111209_1.jpg


20111209_3.jpg



安心:命を守る | permalink | - | trackbacks(0) | - | -

神戸防災公園

20111129_1.jpg


11月26〜27日の2日間、神戸に防災公園へ視察に行かせていただきました。
兵庫県立三木総合防災公園は、総面積202.5haの敷地内に、陸上競技場、野球場、サッカー場などを有する大規模なスポーツ施設です。

日頃は県民始め多くの方にご利用いただいていますが、室内テニスコートは有明テニスコートと並び世界大会を開催できる国内2箇所のコートのうちのひとつという本格さ。伊達公子選手なども頻繁に練習に訪れるそうです。

子どもの遊具を配置した広場や憩いのエリアも充実しています。

この広大な公園が、いざ震災などの災害時には、大規模な避難施設として機能します。
管理者である行政担当者や市民が、災害発生時の責任者や避難者受け入れ組織の担い手となる仕組みが整っています。過去に震災を経験した神戸ならではの力強さをみることができます。
--------

翌日は、みなとのもり公園(震災復興記念公園)に行きました。

徹底した市民との協働で運営されていて、やはり日常と災害時をかけ離れた状況とせず、災害時をイメージできる状況を作り出していることに時長があると感じました。

備蓄品の量の充実度合いも高く、出し入れの機能性も考慮されて、なるほどと思う工夫が随所に見られます。

20111129_3.jpg 20111129_4.jpg

震災の影響によって誕生した公園としては、関東大震災の瓦礫を埋め立てて建設された山下公園も有名であり、横浜市としても、神戸の例を十分に参考にして、
次代に必要とされる防災公園の設置を真剣に検討していきたいと感じました。

防災の考えは実行してこそ有益です。
委員会などでの発言ももちろん重要ですが、機会あるごとに担当者との意見交換を充実させ、横浜市の施策に反映さえるように努めていきたいと思います。

20111129_2.jpg



安心:命を守る | permalink | - | trackbacks(0) | - | -

消防操法技術訓練会のお知らせ

横浜・安全安心都市の実現のため、市内各地域と事業所で防災を担ってくださっている「自衛消防隊」と「消防団」のみなさまが日頃の消防技術の訓練成果を競い合う「消防操法技術訓練会」が開催されます。

市内から65隊、350人を超える区の代表・消防団部隊のみなさまが参加される大規模な消防訓練の大会となります。
果敢で冷静な消防活動訓練の様子を観るまたとない機会。
みなさまぜひ足をお運びください!


日時(平成23年)
1)自衛消防隊の部:10月27日(木)10時30分〜午後2時10分
  (※ただし荒天中止)
2)消防団の部:10月29日(土)10時〜13時
  (※ただし荒天延期:10月30日)

場所
横浜市消防訓練センター大訓練場
横浜市戸塚区深谷町777番地:バス停「二軒家」下車:徒歩10分

JR戸塚駅から→西口バスのりば:神奈中バス・立場バスターミナル行き
市営地下鉄立場駅から→バスのりば:神奈中バス・戸塚バスセンター行き

※駐車場の用意はございませんので、公共交通機関のご利用をお願いします。

参加部隊
1)自衛消防隊:各区代表 45隊(225人)
2)消防団  :市内20消防団 20隊(120人)

内容
1)自衛消防隊の部
・屋内消火栓操法1:女性の部
・屋内消火栓操法2:男性または男女混成の部
・小型ポンプ操法

2)消防団の部
・小型ポンプ操法

お問合せ先
荒天の中止・延期について
当日午前8時以降に消防司令センター:045-334-6789

【10/27 自衛消防隊の部】
消防局予防課長 高坂哲也:045-334-6601

【10/29 消防団の部】
消防局総務課長 坂本 浩:045-334-6511
安心:命を守る | permalink | - | trackbacks(0) | - | -

週末は赤レンガ倉庫の防災フェアへ!

なんだかクルマの新発売みたいなタイトルですww

ジョークはさておき、みなさん今週末、8月27日(土)8月28日(日)は、ぜひ赤レンガ倉庫へお出かけください!
横浜防災フェア2011と題した防災イベントが開催されます。

消防艇による放水や、ヘリコプターの救助訓練などを見ることが出来ます。消防車両や起震車など防災に関係した車輌の展示や、横浜消防音楽隊による演奏もあります。
「見て・知って・学んで・遊べる」防災フェア
ご家族で足を運び、楽しんでください。
そして、防災への取り組みをいっそう身近に感じていただければと思います。

同じ日、瀬谷区では大規模な横浜市総合防災訓練が実施されています。
総合防災訓練は8月28日の午前中のみ赤レンガの防災フェアは2日間とも夕方までやっています。スケジュールに気をつけて。
防災イベントのハシゴなんてすばらしい。

安心:命を守る | permalink | - | trackbacks(0) | - | -

瀬谷区で横浜市総合防災訓練。「地域の防災力」+「防災機関の連携」

横浜市が毎年実施している「総合防災訓練」。
今年は今週末、8月28日(日)に瀬谷区で実施されます。
東日本大震災の教訓から「地域の防災力を高める」「防災に関わる機関の連携を強化する」のふたつをテーマにあげています。

相模トラフを震源とする南関東地震の発生を想定し、地域・区役所・消防・警察・自衛隊・海上保安庁・在日米海軍が連携する大規模な訓練となります。
市内・近隣の方もぜひ足を運んでください。


総合防災訓練
平成23年8月28日(日)午前9時〜正午

1)救出救助訓練
場所:上瀬谷通信施設
M7.9の地震によって家屋が倒壊したり多重交通事故が発生、人が閉じ込められ、負傷者もいるという想定で、初期消火や救出救助の訓練を行います。
この訓練では、地域・区役所・消防・警察・自衛隊・海上保安庁・在日米海軍が連携します。

2)地域防災(医療救護)拠点運営訓練
場所:三ツ境小学校・南瀬谷中学校・瀬谷さくら小学校
地域住民による避難所の開設や運営の訓練を行います。瀬谷区役所が支援にあたります。

3)救援物資輸送訓練
場所:東野中学校
地域住民と区役所により、他都市から送られてくる救援物資の受け入れや配布の訓練を行います。

4)緊急交通路確保・道路啓開訓練
場所:細谷戸公園周辺
瀬谷土木事務所と瀬谷警察署による交通事故対応訓練と緊急交通路の確保訓練を実施します。


安心:命を守る | permalink | - | trackbacks(0) | - | -

横浜市特別講演会「知ろう 学ぼう 放射線」

放射線の基礎知識と影響について、特別講演会が開催されます!
放射線のしくみや体への影響などわかりづらいことについて皆さんと一緒に学びたいと思います。
参加費は無料!市内在住・在勤・在学の方、先着1,000名の方にご参加いただけます。

横浜市特別講演会「知ろう 学ぼう 放射線」〜放射線の基礎知識と影響について〜
日時:平成23年9月5日(月)14:00〜16:30(受付13:30)
場所:神奈川県民ホール(大ホール)
講師:
井上登美夫 横浜市立大学医学部放射線医学講座 教授
寺田 宙 国立保健医療科学院主任研究官
唐木英明 東京大学名誉教授・日本学術会議副会長(コーディネーター)
豊澤隆弘 横浜市保健所長


お申込みは往復ハガキまたはEメールにて。
ハガキは8月25日(木)消印有効。
ハガキ・Eメールとも定員に達し次第受付を終了します。


お問合せは、横浜市健康福祉局健康安全課 045‐671‐2470(FAX:045-664-7296)まで。
安心:命を守る | permalink | - | trackbacks(0) | - | -