横浜市会に挑戦!こしいしかつ子のオーバルブログ

みなさまのお声をお聞かせください。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -

女川町視察、写真を公開します

__ 4.JPG __ 2.JPG __ 1.JPG __ 2.JPG
がれき処理 | permalink | - | trackbacks(0) | - | -

女川視察にいってきます

女川町のガレキ処理は東京都が受け入れています。
先月、東京都の廃棄物処理現場を視察し、女川町のケースを見て、お話伺いました。
女川町長からのメッセージ映像から、切実な思いも伝わりました。

今日は、その町長にお会いしてきます。


女川町の場合、現地での分別や破砕が進んでいるため、受け入れの作業も効率がよいとのこと。

一言でガレキ処理と言っても、現地も受け入れ側も、実状は地域によってかなり異なり、同じルールでは進展が難しいようです。

例えば、現地でできる限り処理を進めることで、設備投資などの経済効果や雇用の創出が期待でき、また、運搬から生じる環境への負荷もかるくなると考えられます。
しかし、施設の整備が可能か、ガレキの仮置き場が充分に確保できるか、ガレキの劣化による被害(火災や衛生面など)に対応できるか、なども考えあわせなけてはなりません。

受け入れ側としては、例えば、受入自治体が処理施設を自前で持っているところと、近隣自治体との契約の場合などではかなり事情が変わってきます。

様々な実状に配慮しつつ、復興の基本ともいえるガレキ処理を確実にすすめられるように、私たち横浜でできることを決めて行くために、今日の視察を有効に活かしたいと思います。

がれき処理 | permalink | - | trackbacks(0) | - | -