横浜市会に挑戦!こしいしかつ子のオーバルブログ

みなさまのお声をお聞かせください。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -

つながりトーク12 DKさん

今回のつながりトークは、12回目にして初!男性からお寄せいただいた原稿です。

DKさんは、このブログのお引越しからホームページの作成・管理まで、そのほかにも、こしいし事務所のさまざまなお仕事を手伝ってくださっています。たいへん感謝しております。

原稿の内容はといいますと、出張や残業でほとんどおうちにいられないお父さんがたには、ちょっと羨ましいかも。。。


〜 ★ 〜 ★ 〜
つながりトーク第12回 DKさん

実は私「SOHO」です、暇そうに見えますが大丈夫!

社会人になって20余年、ずっと栄区から東京へ通勤し働いてきましたが、数年前から自宅でコンピューターとインターネットを使って仕事をする勤務体制、いわゆる「SOHO(Small Office Home Office)」スタイルになりました。

客先へ出向いたり社員同士で集まって会議をするなど、必要な時だけ必要な場所へ出掛けます。あとはメールとファイルサーバーとビデオチャット、最近はTwitterなんかも利用して日々の仕事の大半をこなします。
社の勤務管理は自己申告のみですが、これ幸いと「さぼり」を決め込むような輩は一人もいません。空き時間や余暇の使い方こそが、次の営業充実の鍵だからです。みな自己責任で時間を活用し、人間関係を深めたりや新しいトレンドの体験にあてています。

そんな折、私は息子が通う小学校の保護者つながりで「おやじの会」に参加するようになりました。おやじの会には志のある保護者(主にお父さんたち)が集まり、そこで子どもと一緒に楽しめるようなイベントをいろいろと企画して実際に運営します。
回が重なると「あのお父さんはいつも必ず来るね。ご商売やってるわけじゃなかったよね?平日の昼間からヒョイヒョイ出てくるけど、あれで自分の仕事は大丈夫なの?」と囁かれることもあるようです。ごもっとも。

でも、私の場合は「SOHO」なのでご心配には及びません。
日中、おやじの会で活動しても、その分夜に自分の仕事ができるからです。そういえば、かつて往復で毎日3時間以上費やしていた「通勤時間」もなくなりましたし…。

栄区にも、私のような働き方をしている人が、すでにたくさんいるんじゃないかと思います。
そういう人は、みなさん「働き方の変化」という時代の風に晒されながら、少し気取った顔をしつつ、踏ん張って頑張ってると思います。

働き盛りに見えるおっさんが、天神橋やら本郷台駅前をフラフラ歩いてても、心配したり怪しんだりするばかりが能じゃない。街に住む人の事情も、こうやって少しづつ変わってゆくのかなあと、時々、我が身の変化を振り返ったりします。


DKさんのプロフィール
在住地域 :栄区
年代:40代
性別:男性
家族構成:夫婦と中高生男児2人の4人家族

〜 ★ 〜 ★ 〜

つながりトーク | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

つながりトーク11 M・Aさん

  〜 ★ 〜 ★ 〜
つながりトーク第11回 M・Aさん

朝5時に起き、夫と娘2人のお弁当を作るところから一日がスタートします。

結婚と同時に仕事を辞め専業主婦になり、下の娘が小学校に入った頃に週3回のパートを始めました。
元々、家事が苦手な私には週3回のパートが丁度よいです。
毎日仕事をしながら家事や育児をこなしている方はホント尊敬します。


我が家は中3の上の娘が高校受験です。
公立高校は私達の時代と違い、今は前期・後期と2回のチャンスがあり、結果発表を待っている状態です。

どうか我が家に春が訪れますように…。


M・Aさんのプロフィール
在住地域:横浜市港南区
年代:40代
性別:女性
家族構成:夫、子供2人

 〜 ★ 〜 ★ 〜

その後、M・Aさんより、お嬢様の前期試験合格の報告をいただきました。
おめでとうございます!

最近は雪が降って積もったりしていますが、M・Aさんのお宅には、ひとあし早く春が来ましたね!


つながりトーク | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

つながりトーク10 茶々さん

 〜 ★ 〜 ★ 〜
つながりトーク第10回  茶々さん

結婚して横須賀市に引っ越し今年で12年、主人と猫4匹と暮らしてます。
平日昼間はパートで家業の手伝いに行き 休みの日は地元の友達と遊んでるアラフォーお気楽主婦です。

子供も居ないし、家族もみんな元気で仲良しだし、これと言って悩みはないけれど、今年は主人が本厄なのでどんな災難がやってくるのやらちょっとビクビクしてます。

あとは老後の心配ぐらいかな…。

今はまだ自分も健康で老後のことなど想像できません。
『備えあれば憂いなし』とは言いますが、一体何を備えればいいのかさっぱり分かりませんね!


茶々さんのプロフィール
在住地域 :横須賀
年代:40代
性別:女性
家族構成:夫婦2人

 〜 ★ 〜 ★ 〜
つながりトーク | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

つながりトーク09 熊谷千秋さん

 自然なお産と子育てをしたく、助産院出産を希望した私。大切な友人の多くを12年前のこの選択で得ることが出来ました。食生活では粗食にこだわり、玄米菜食やマクロビオテックの暮らしに徹した時期もありました。

今回つながりトークに寄稿くださった熊谷千秋さんは、この頃からの大親友のお一人です。

子供の健康、家族の健康、共に時代を送るみなさんの健康、将来に渡って、日本人が日本人らしい健康な暮らしを送る幸せは、食に原点があるという思いを共にしています。

熊谷さんが長く深く関わってこられたのは『粗食のすすめ』の著者として有名な幕内秀夫さんの活動である「学校給食とこどもの健康を考える会」です。現在もこの会の神奈川代表として活躍されています。

習慣として食事を選ぶ基準を私たち大人はしっかりと次代につなぎながら、実際に子供の体づくりとして毎日何を食べることがいいのか、真剣にシンプルに考えることが大切です。

ぜひみなさまにも共にお考えいただきたく、幕内秀夫さんの活動の内容をご参考までにご覧ください。HPをご紹介いたします。
◎学校給食と子どもの健康を考える会
http://www8.ocn.ne.jp/~f-and-h/kyusyoku/

そして今の我が家は、こだわり過ぎずに粗食を基本に暮らしています。


〜 ★ 〜 ★ 〜

つながりトーク第9回 熊谷千秋さん

かつ子さんとは子どもが同級生ということで、「ごはん党」育児仲間として10年来のお付き合いをさせていただいています(^-^)

こんな寒い日は、あったか〜い味噌汁で心も体もぽかぽかに♪なんて思ってしまいますが、いまや、ごはんも味噌汁も、日本の食卓から急速に消えつつあるんですよね。。

朝はパン食の家庭が半数を上回る時代。せめて、学校給食ぐらいは、普通のごはん食にしてもらいたいものです。ところが、実際に出されている献立を見ると、ごはんは週に3回だけ。残りはパンやスパゲッティーなどのカタカナメニューがまだまだ幅を利かせているのには驚かされます。

(横浜市の学校給食の一例)
 ロールパン、牛乳、ソース焼きそば、フルーツみつ豆
 あげパン、牛乳、中華スープ、いよかん、ベビーチーズ
 サンドパン、牛乳、魚フライ、ボイルドブロッコリー、カレールードルスープ

全国的に子どもの肥満や生活習慣病の低年齢化が問題になっている中、なぜこんな油と砂糖たっぷりのメニューが給食で出されているのか不思議でなりません。

米農家の方が減反に苦しみ、日本の自給率が低迷している中、週の半分近くも輸入小麦粉で作った無国籍な給食を出す..これでは子ども達の米離れは進む一方です。

家庭の食と並んで子ども達の一生の食習慣を左右する大切な土台づくりとなる学校給食では、ぜひ「子ども達の健康」を第一に考えたごはん中心の食事を出してほしいです。

全国には、学校給食を毎日ごはん(完全米飯給食)にする自治体も次々に誕生しています。お隣の大和市でも、今年度より米飯給食が週2回から4回に倍増しました。19万人以上もの子ども達が食べている横浜市でも、1回でも多く米飯給食を出してもらえることを切に願っています。

同じ学齢期の子を持つ母として..かつ子さんの今後の市政でのご活躍、期待しています!!


熊谷千秋さんのプロフィール
在住地域:町田市
年齢:40代
性別:女性
家族構成:夫、子ども二人

〜 ★ 〜 ★ 〜

熊谷さんにはかつ子リポートの制作にもかかわっていただいております。

みなさまのお手元にも届けたいと思っておりますので、どうぞご覧ください!
つながりトーク | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

つながりトーク08 M.K.さん

新しい年を迎えて、初めてのつながりトークです。

今年も「つながりトーク」をどうぞよろしくお願いします。

みなさまの投稿をお待ちしています!


〜 ★ 〜 ★ 〜
つながりトーク第8回 M.K.さん

専業主婦になって2年半が過ぎました。

子供がいない専業主婦…アラフォーなのに、あまり気にせず、子供どうしようかなぁ〜と考えつつ、月日が経過中。

旦那さんは、自分の事、その他諸々と拘りがあるので自分でやってしまうし、おまけに出張も多いので一人暮らしみたい(笑)

時間がありすぎると、規則正しく自分をコントロールするのが難しく、誰にも怒られないし、明日にしよう…とか、ついダラダラと過ごしてしまって反省(*_*)の日々をおくっています…。

そして時間があるので、つい色々と考えてしまいます。

自分に子供がいなくても、イジメ問題や虐待など悲しいニュースばかりで心が痛みます。

今年は心温まるニュースがたくさん聞けるといいな。

A HAPPY NEW YEAR ♪( ^o^)\(^-^ )♪






M.K.さんのプロフィール
在住地域:笠間
年齢:40代
性別:女性
家族構成:夫、犬2匹(コーギー、トイプードル)

〜 ★ 〜 ★ 〜
つながりトーク | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

つながりトーク07 スクールバス

あるミニ集会で「スクールバスを導入したい。地域パス発行による安全性確保の上で、時間外運行や一般の方の利用を可能にする」という提案をさせて頂きました。
 
つながりトークにも以下のような書き込みを頂きました。ありがとうございます!
 
皆様のご意見アイデアをぜひ寄せて下さい。

〜 ★ 〜 ★ 〜

つながりトーク第7回 スクールバスについて
 
来年の統一地方選挙市議でご出馬予定お聞きしましてご連絡申し上げます。
 
私は小学生で栄区上郷ネオポリスに移り住んでから現在に至るまでここを故郷としてすごしてまいりました。
今では家庭を持ち現在二人の小学生の子供がおります。自然もたくさん残るこの栄区で子供も大きくのびのびと育ってくればと思っております。

しかしながら、ここ数年間で小学校の統廃合が進み子供の足では、我が家から1時間弱かけて通学しております。

輿石さんは地元なのでご存知と思いますが、70年代ごろ上郷や庄戸・野七里といった地区では、小学校6年間で転校なしで1〜2回学校を換わると言う事態が生じていました。

確かに学校を換わると言うことは、一部の友達と別れることとなり寂しさも感じておりましたが、学校は近くなるのでそれはそれで納得もしていました。

今はその逆で、友達は換わる、学校は遠くなるという状況です。
  
今この地区は急激な高齢化が進み、若い世代の新規入居が減り小中学校も統廃合しなくてはいけないのは理解しております。                           
ですが、親としては子供の安全が一番です。話によると地域によっては公立小中学校でもスクールバスを運行しているようです。

一部、スクールバス運行には親の負担もかかるようですが、やはり子供の安全を考えると決して高くない負担であると思います。

ネットで検索しましたが、輿石さんは、教育問題にも取り組んでおられ、かつご実家も神奈川中央交通の本郷車庫のご近所ですからお知り合いも多いと推察いたします。
 
是非スクールバスの運行を公約にお入れください。
熱烈に御支持申し上げます。

〜 ★ 〜 ★ 〜

写真は、以前横浜市で初めてのコミュニティバスとして運行されていた「西区おでかけサポートバス」(愛称:はまちゃんバス)です。

タウンニュース(栄区版)やこしいしかつ子リポート6号にも「地域交通再考」として記事を載せました。


つながりトーク | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

つながりトーク06 あさりちゃん

〜 ★ 〜 ★ 〜
つながりトーク第6回 あさりちゃん

40代、子供がいない専業主婦です。
子供のいない専業主婦って日々、何をして過ごしてるんだろう…と思われるでしょうが
そりゃもう、何もしていないんですよ。

家の中を整えることが好きな方なら家事って無限にあるっていうけど、あいにく、家事も苦手なもんですからね。
朝の4時に寝て、お昼過ぎに起きる毎日。深夜やっているのは、オンラインゲームです。

そんな生活をしてるのは、ひきこもりの若者だけだと思われがちですが、これが意外に「いい大人」もたくさんいるものです。

リストラで仕事を失った人、心の病で休業中の人
匿名でおこなわれるコミュニケーションが何かと問題になったりもする昨今ですが、現実世界から、ちょっと逃避している「お休み中」の人たちも含め、画面の向こうに居るのは、間違いなく生身の人間です。

だからこそもちろん、マナーやルールは大事ですけどね。

現実の家族や友達には言えないことも、ネットを通じてできた友人には、相談できたりもするものです。

現実の生活にちょっと疲れたとき、バーチャルな世界でちょっと愚痴ってみるのはいかがでしょうか?

はまりすぎて、現実に戻ってこられなくなる人もいますけどね。
そこは大人の分別で…。

余談ですが、前回の参議院選挙のとき、私がやっているバーチャルサイトで、選挙活動をしてるかたもいらっしゃいました。
ご本人が生の声でお話をして、大勢の人が見に来ていました。
まだまだ一般的ではないかもしれないけど、情報を発信していくツールとしても、今後発展していくと思いますよー。


あさりちゃん
在住地域:茅ヶ崎
年齢:40代
性別:女性
家族構成:夫

〜 ★ 〜 ★ 〜
つながりトーク | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

つながりトーク05 ゆうこさん

今回のつながりトークも、子育て中のお母さんです。

厳しい経済状況の中、弱い立場にしわ寄せがきていると実感します。
みなさんは、どう思われますか。

〜 ★ 〜 ★ 〜
つながりトーク第5回 ゆうこさん

家からも近く、子供の学校からも近く、立地としては最高!と思って始めたパート。
しかし、人事異動で新しく配属されてきた社員にはじきだされるように、契約を更新してもらえませんでした。
いづれは正社員に…と思って頑張っていたのに。今までの努力は何だったのだろう?パートの立場ってこんなにも弱いんだと、とてもショックでした。

ハローワークに通いながら、今度こそは正社員!と就職活動をしましたが、自分の条件に合う仕事にはなかなかめぐり合えませんでした。
この歳で正社員はやはり無理なのか、と講座を受けたり資格試験に挑戦したり。
そうこうしているうちに、退職してから9ヶ月がたっていました。

今も就職に向けて、地道な活動を続けています。
いつか、報われる日がきますように…。

ゆうこ
在住地域:笠間
年齢:40代
性別:女性
家族構成:夫、子供1人

〜 ★ 〜 ★ 〜
つながりトーク | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

つながりトーク04 上郷高校同級生 K.K.さん

4人目の今回も、こしいしかつ子の上郷高校同級生に登場していただきました。

人生には、思いどおりにならないことがたくさんあります。
自分の力だけではどうすることもできないものを乗り越えて前向きに進んでいく姿に、こちらが励まされ、エネルギーをいただきます。
本人曰く「文章を書くのは苦手」とのことでしたが、思いの伝わってくる文章です。
どうぞみなさんにも、じっくりお読みいただけたらと思います。

〜 ★ 〜 ★ 〜
つながりトーク第4回 上郷高校の同級生 K.K.さん

高校を卒業後、専門学校へ進学。
卒業後、就職したのはコンピュータの会社。

そこで働き始めて6年目に体の不調を感じ、検査の結果『クローン病』と診断されました。

即入院、断食。
点滴と、栄養剤のみの入院生活が数カ月続きました。

当時、『クローン病』とは原因不明、治療法もまだよくわかっていないという病気で、食事をすると悪くなるといわれていました。現在では高校生や大学生など若い世代に増えてきている病です。いまだに完治は望めないので、上手に病気と付き合っていくしかないようです。
私の場合、軽いほうだったようで今では、症状も落ち着いて食事もできるようになりました。

それまでは、仕事を辞めるなんて考えたこともなかったのですが、最初の入院から数回、入退院を繰り返すことになり、結局退職しました。

その後出産を経験し、今では専業主婦です。 
出産後、保育園に申し込みをしに行きましたがいっぱいで1年半以上待たないとだめだと言われました。

仕事をするにも、病気と子育てと家事との両立は体力的に自信がなかったため、その時はあきらめました。

今、やっと子供が自分のことを自分でできるようになってきたので、そろそろまたできる範囲で仕事を始めたいなぁと思い始めています。
ただ、やはりしばらく社会から離れていたので、また仕事を始めるということに対してはかなりの緊張感や不安があります。
結婚、出産をしても仕事を続けたいと思ったとき、その職場を辞めずにいられるという環境の企業が増えることは、働く女性にとってとても心強いことだと思います。

一度辞めてしまうと新しく復帰するには、かなりのエネルギーが必要ですね。
仕事をしていて、退職すると決めた時は仕事から離れることにかなり焦りもありましたが…。
今では開き直って、できることをできる範囲でやっていけばいいんだなと思うようにしています。
私にとって病気になったことはつらくもありましたが、ゆっくりと自分を見つめなおせる、とてもいい時間だったと思います。

K.K.さんのプロフィール
在住地域:川崎市
年齢:40代
性別:女性

〜 ★ 〜 ★ 〜
つながりトーク | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

つながりトーク03 上郷高校同級生 H.A.さん

つながりトーク3人目は、こしいしかつ子の上郷高校の同級生。
エネルギーの塊だった高校生時代から、みなそれぞれに人生を歩んで、友人たちはとても魅力的に日々を重ねてきています。

同級生からのメッセージはとても温かく、身近。
身近ゆえの厳しさもまたありがたく…。
同じ時代を同じ空気の中ですごす人たちとのご縁、言葉では言い尽くせない深いものがあると思う私。
これからも同級生のメッセージを沢山載せさせていただきたいです。

今回は、結婚、仕事、子育てと、それぞれのライフステージの上で重ねた選択の連続の中で、
どんな日々をどんな気持ちで過ごしているのか、働く女性の思いをつづっていただきました。

では〜

〜 ★ 〜 ★ 〜
つながりトーク第3回 上郷高校の同級生 H.A.さん

大学を卒業後、就職した会社で産休、育休も取得して、早18年。

私にとってはあっという間だった気がします。
漠然と結婚や妊娠、出産などのイベントで仕事を辞めるという選択をしなかったのですが「誤った選択」と思いたくないだけで前に進んできた気がします。

1歳半で子供を保育園に預けて働く事、子供が可哀想だと思う人もいるでしょう。
じゃあ、いくつなら可哀想じゃないのでしょう?

早くから集団生活に入ることで、子供も沢山の事を学んだようです。
何より、毎日楽しそうに登園し、元気にいってらっしゃいと手を振る姿に後押しされました。

子供の病気で突然休まなきゃいけなくなった時、職場の仲間に迷惑がかかってしまう。
でも、家族を持っている人なら誰でも経験する事だから。
そんな温かい気持ちに何度も助けられました。

残業しないで時間内に仕事を終わらせる工夫。突然休んだ時でも対応できるように、日々作業の進捗報告や課題共有。仕事のやり方を見直しました。

同じ保育園ママと仲良くなり、お迎えが間に合わない時に預ける、預かる関係を築きました。
困った時はお互い様。人付き合いが薄くなったと言われたりもしましたが、そんな事はありません。
「悪い事をすれば、他人の子供でも怒る。」そんな関係を築けていました。

勿論、家族の協力は必須!!

中1の長男、小4の次男、反抗する事もありますが、洗濯物を取り込んだり、熱帯魚にエサをあげたり、夕飯のご飯を準備したり、今では立派な戦力です。

「やらされてる」と思ったら行動するのが嫌になりますが、できる事をできる人がするだけで、不思議とうまく回っていくものです。
完璧にこなす事より、いい加減で回す方がうまく行くように思います。

〜 ★ 〜 ★ 〜
つながりトーク | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -